この記事では、革靴の天敵ともいえる「雨」を克服した防水革靴たちを紹介・解説していきます。よろしければご覧くださいませ。
引用元:明治5年創業 大塚製靴 ウォータースマート革靴

革靴を身に着けるビジネスマンにとっての天敵といえば、やはり「雨」

しっかりケアした革靴はそれほど雨(水滴)を恐れる必要はないとはいえ、それでも水が染み込んできたりすると、それだけでモチベーションがガクッと落ちるのは必至です。

昨今はビジネスカジュアル化の波もあって、防水スニーカーで通勤している人も増えているとは思いますが、それでも「革靴を履きたい」「革靴を履かなくては」といった方は多い筈。

そんな中、ゴアテックス®ファブリクスを始めとした素材の開発・登場により、防水性を獲得した革靴がいくつも登場してきています。技術の進歩様様です。

今回の記事では、そんな防水革靴にフォーカスしまして、おすすめのモデルを紹介していこうと思います。

『革靴を買おうと思うけど、雨の日のことを思うと二の足を踏む』
『防水革靴でオススメって何?』

といった悩みや疑問をお持ちの方のお手伝いができれば幸いです。

目次 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. 防水革靴を買う前におさえておきたいポイント4
  2. オススメの防水革靴6選

防水革靴を買う前におさえておきたいポイント

早速、防水革靴を紹介する前に、防水革靴にまつわる「おさえておきたいポイント」を4つほど紹介したいと思います。

ざっと並べますと

  • 一足目の防水革靴は「内羽根ストレートチップ」がベター
  • 長靴ほどの完全防水性はない
  • 天然皮革を使っているタイプがオススメ
  • 噂のゴアテックス®は、革の内側に配置されている

以上の通り。1つずつ解説していきますね。

どうせなら、内羽根ストレートチップデザインがオススメ

1足目の防水革靴を購入するのであれば、革靴の中で最もドレッシーな「内羽根ストレートチップ」がオススメです。内羽根プレーントゥでもいいのですが、多分流通量が少なくて探すのが手間かと……

雨でも革靴を履かなければならないシチュエーションとは要するに、ドレッシーな装いをキープしないといけないシチュエーションなはず。
ならば、カジュアルな防水革靴を買っても本末転倒なワケで、選ぶべきはドレッシーな防水革靴だろう……というワケです。

勿論、職場のドレスコードであったり、皆さんの足のタイプが甲高幅広だったりすると、必ずしも内羽根ストレートチップでなければいけない理由はありませんので、あくまでも目安の1つとして参考にしてもらえれば嬉しいです。

長靴の様な完全防水を期待してはいけない

この後、複数の革靴を“防水革靴”として紹介していきますが、基本的な心構えとして、防水革靴に長靴の様な防水性を期待してはダメです。

雨水を受けるぐらいなら問題なくても、ザブンと水に浸かるような状況では ある程度は大丈夫だろうと思うものの どこまで防水が保証されるのかは怪しいところがあります。

革からジワジワ染み込んでくるというよりも、縫製箇所からジワジワきてしまうんですね。

靴底を縫い合わせた高級革靴よりも、接着剤で靴底を貼り付けるリーズナブル靴の方が防水性が高かったりするのは、靴底の縫製箇所がアキレス腱になりえるからです。

足ムレを考えると、天然皮革を使っている革靴を選びたい

防水革靴は、アッパー素材(足の甲を包む部分の素材)に天然皮革が選ばれているタイプがオススメです。

理由は単純で、足ムレを緩和してくれるから。

ビニール製や合成レザーだと、靴内の湿度が逃がせず(革にも吸収されず)、非常に蒸れやすく不快な履き心地になりやすいんですね。

ゴアテックス®は、革の内側に貼る透湿防水素材のこと

ゴアテックス®ファブリクスは、透湿防水性を持った

防水革靴に採用される素材の1つに「ゴアテックス®ファブリクス(通称、ゴアテックス)」という素材があります。

ゴアテックスとは、ゴア社が生産している機能系生地素材のことで、防水性(水滴を通さない)と透湿性(水蒸気は通す)を併せ持っているため、「雨では濡れない。汗ではムレない」という素晴らしい履き心地を実現してくれるのです。

ちなみに、GORE-TEX®ファブリクスは、革の下(裏側)に差し込まれています。

革自体が特殊だったり、特殊コーティングされていたりするワケではないので、一般的な革靴と同じようにクリーム塗布&ブラッシングをしてOKです。

オススメの防水革靴6選(日本のブランド6選)

では、ここからは日本のブランドから発信されている防水革靴(一部、革靴スニーカー)を紹介していきたいと思います。

ピックアップしたのは全部で6足(6ブランド)。
その内4足がゴアテックス®採用モデルで、他2足はまた別の素材で防水性を与えられたモデルになります。

実際に購入するときの参考にしてもらえれば幸いです。

※掲載している参考価格や各通販サイトでの販売価格は、2022年4月時点のものです。予めご了承くださいませ。

日本革靴の王道「リーガル」のロングセラー防水モデル

REGAL ゴアテックス革靴 32NR BB
引用元:amazon.co.jp

“日本革靴の王道”と称されるブランド『リーガル』の革靴です。

10年以上改良されながら販売され続けている、いわゆる“ロングセラー”モデルであり、リーガルが初めてゴアテックス®を採用した“メモリアル”モデルでもあります。

履き口のスポンジにより、履き口のクッション性と雨水の入り込みをさらに防ぐなど、細かい部分まで“よい仕事”が施されています。

引用元:regal.co.jp

▼紹介した防水革靴のレビュー

ゴアテックスすごい!!
5.0
毎回、靴がへたって来たときに購入してます。バイカーがよく使ってるゴアテックス製品を使っての革靴。
なかなかないんです!
ゴアテックスは雨風が防げて通気性が良いというのが特徴らしく、バイクに乗ってる人は靴屋上着とかにかあるのを選んだりしてます。別に回者ではありませんが、、、気に入ってアカザワさんよく利用してます。
おまけも色々ついてて、役に立ってます!

引用元:楽天市場
REGAL ゴアテックス革靴 32NR BB の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

ゴアテックス®

靴のデザイン

内羽根ストレートチップ

革靴の製法

セメント製法

特徴、キーワード

日本最古の西洋靴工場の末裔

ブランド名

リーガル(REGAL)

ピックアップした革靴の品番

32NR BB
amazonで
購入する
25,000円
公式通販で
購入する
26,400円
楽天市場で
購入する
21,000円
現在、楽天市場で「楽天スーパーセール」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※スーパーセール期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

明治5年から積み上げてきたノウハウ&オリジナルレザーの全天候対応シューズ

大塚製靴 ウォータースマート OT-1300
引用元:shoe-collection.jp

明治5年から“日本人の足”のための靴を作り続けている日本最古の紳士靴ブランド『大塚製靴』の防水革靴です。

オリジナルの撥水レザーと多孔性特殊素材ライニングを組み合わせた「ウォータースマート」を採用。「雨は弾くけど、結局通気性が……」といった弱点を克服しています。

ソールについては、大きな溝と小さな溝が交互に並べたものを独自に開発。『前だけを見つめて、悠々と進む紳士』のために、日本人の足にフィットする立体構造と共に、高い安定感を約束してくれています。

引用元:shoe-collection.jp

大塚製靴 ウォータースマート OT-1300 の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

ウォータースマート

靴のデザイン

内羽根ストレートチップ

革靴の製法

セメント製法

特徴、キーワード

日本最古の紳士靴ブランド

ブランド名

大塚製靴

ピックアップした革靴の品番

OT-1300
公式通販で
購入する
29,700円

甲高幅広タイプ紳士はコチラ。4E設計のゴアテックス革靴

madras ゴアテックス革靴 8002
引用元:amazon.co.jp

2021年に創業100年を迎えた日本の革靴ブランド『マドラス』のゴアテックス革靴です。

靴幅4E仕様の外羽根シューズなので、甲高幅広タイプの足を持つ紳士でも安心して着用することが可能。
「そもそも丁度いい靴サイズが無いのに……」といった方は、是非ともチェックしてみてくださいね。

カップインソールを採用しているため、足あたりと履き心地が優しいのも特徴です。

引用元:amazon.co.jp

▼紹介した防水革靴のレビュー

仕事用に購入
5.0
仕事用に買いました。自分は足幅がひろいので,大変いい商品。見た目もいいです。

引用元:楽天市場
madras ゴアテックス革靴 8002 の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

ゴアテックス®

靴のデザイン

外羽根プレーントゥ

革靴の製法

セメント製法

特徴、キーワード

ゆったり履ける4E仕様

ブランド名

マドラス(madras)

ピックアップした革靴の品番

8002
amazonで
購入する
17,600円
公式通販で
購入する
17,600円
楽天市場で
購入する
15,840円
現在、楽天市場で「楽天スーパーセール」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※スーパーセール期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

リーズナブルなゴアテックス革靴スニーカー

texcy luxe ゴアテックス革靴 TU-8002
引用元:amazon.co.jp

皆さんご存知「アシックス」の子会社として、革靴スニーカーを企画・生産している日本のブランド『テクシーリュクス』のゴアテックス革靴スニーカーです。

他のモデルと同様に、屈曲性とクッション性・軽量性に優れたEVAクッションを採用。
“高級感”や“革靴としてのこだわり”が特にないのであれば、この革靴スニーカーを使い続ければOKなのでは?というほど、クオリティと価格のバランスが丁度いいレベルに収まっています。

細かい部分ではありますが、サイドゴアを採用しているため、紳士として推奨される振る舞いかどうかはさておくとして靴ひもを結んだままでも着脱しやすいのも意外と高ポイントですね。

引用元:amazon.co.jp

▼紹介した防水革靴のレビュー

履き心地は良い
4.0
ゴアテックス使用なので、個人的に雨天時使用を考えています。まだ、購入後雨天は無いので、履いていませんが、履き心地はまずまずです。本革なので段々と足に馴染んでくると思います。

texcy luxe ゴアテックス革靴 TU-8002 の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

ゴアテックス®

靴のデザイン

内羽根ストレートチップ

革靴の製法

セメント製法

特徴、キーワード

リーズナブルな革靴スニーカー

ブランド名

テクシーリュクス(texcy luxe)

ピックアップした革靴の品番

TU-8002
amazonで
購入する
16,500円
公式通販で
購入する
16,500円
楽天市場で
購入する
12,000円
現在、楽天市場で「楽天スーパーセール」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※スーパーセール期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

普通に“本格革靴”を探している人の選択肢にピッタリな一品

SCOTCH GRAIN シャインオアレイン 2776BL
引用元:scotchgrain-shop.com

  • 日本製 の
  • グッドイヤーウェルト製法の革靴 を
  • 3万円台 で

発信し続けるスタイルから、“本格革靴の登竜門”と称される日本のブランド『スコッチグレイン』の防水革靴です。

撥水レザーを採用したモデルで、ゴアテックスよりも快適性が高いというレビューも見かけるほど、高いクオリティを誇ります。3万円台でありながら、本格革靴でもあるため、防水革靴ではなく、普通に本格革靴を探している人への選択肢としてもオススメ。

ちなみに、防水スプレーはNGとされているため、勢いでスプレーしてしまわないようお気を付けくださいませ。

引用元:scotchgrain-shop.com

SCOTCH GRAIN シャインオアレイン 2776BL の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

シャインオアレイン

靴のデザイン

内羽根ストレートチップ

革靴の製法

グッドイヤーウェルト製法

特徴、キーワード

日本製の本格革靴

ブランド名

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)

ピックアップした革靴の品番

2776BL
公式通販で
購入する
33,000円
楽天市場で
購入する
33,000円
現在、楽天市場で「楽天スーパーセール」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※スーパーセール期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

エレガントなビットローファータイプの防水革靴

アサヒシューズ 通勤快足 TK3310
引用元:amazon.co.jp

タイヤメーカー「ブリヂストン」の源流であり、1892年から日本の靴文化を支えてきた『アサヒシューズ』の防水革靴です。

特殊樹脂処理された「パラウォーターレザー」を採用したビットローファーで、エレガントの印象と共に、実用性の高い防水機能を体感できます。ちなみに、防水スプレーを重ね掛けすることでさらに防水性がUPするとのこと。

かかとのクッションが衝撃吸収しつつ、その衝撃で空気を「かかと⇒つま先」へ送り出す機構を搭載しているため、歩き心地と快適性もバッチリ。

グリップ力も、繊維状のセラミック粒子を混ぜた特殊ラバーの靴底がしっかり支えてくれています。

引用元:asahi-netshop.com

▼紹介した防水革靴のレビュー

上質
5.0
主人に購入しました。とても履き心地が良いと言ってました。足が痛くならないそうです。またリピート買いさせていただきます。

引用元:楽天市場
アサヒシューズ 通勤快足 TK3310 の特徴まとめ

防水・撥水性の素材名

ゴアテックス®

靴のデザイン

ビットローファー

特徴、キーワード

金具がエレガントなビットローファー

ブランド名

アサヒシューズ

ピックアップした革靴の品番

TK3310
amazonで
購入する
18,700円
公式通販で
購入する
18,700円
楽天市場で
購入する
18,700円
現在、楽天市場で「楽天スーパーセール」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※スーパーセール期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

あとがき

以上、防水革靴について色々と紹介や解説をいたしました。
参考になる部分があれば幸いです。

革靴を履く人もシチュエーションも減っている昨今、新しい技術や素材の登場により、革靴が旧来の天敵を克服していくのは嬉しいの一言。

防水革靴を1足備えることで、皆さんも快適でかつ満足度の高い革靴ライフを楽しんで頂ければと思います。

『明治生まれの靴博士』編集部、玄木がお送りしました。
ではまた。

明治5年から150年近く“日本人の足のための靴づくり”を続けてきた、日本最古の紳士靴ブランド『大塚製靴』のドレススニーカーシリーズです。

ゆったり3E設計なのに、スリムシルエットに仕上がっている人気スニーカー4選