世界的ファッションブランドである、メゾンマルジェラ(Maison Margiela)の定番スニーカー
「ジャーマントレーナー」

よく知らない方でも、この(↓)デザインのスニーカーを一度、目にしたことがあるのではないでしょうか?

白色ベースの細いシルエットに、グレーのスウェードやベージュ系ソールを合わせたデザインが、実に上品。
なるほど大手メゾンの定番ラインナップに顔を連ねているのも納得な名作スニーカーです。

しかしながら・・・

このジャーマントレーナーと同じデザイン(もしくは良く似たデザイン)のスニーカーを、マルジェラとは無関係のブランドページで見たことはありませんか?

実はこのジャーマントレーナー、マルジェラが開発したオリジナルのスニーカーではありません
マルジェラのジャーマントレーナーが「レプリカ・スニーカー」と名付けられているのも、それが理由だったりします。

きたむ氏がWEARに投稿したコーディネート写真|キレイめコーデにも合わせやすいのは大助かりの一言。ミリタリー出身とは思えぬ汎用性の高さです。
キレイめコーデにも合わせやすいのは大助かりの一言。ミリタリー出身とは思えぬ汎用性の高さです。

そんなワケでして、今回の記事では「ジャーマントレーナーの特徴」「マルジェラとジャーマントレーナーについて」を解説していこうと思います。

「いろんなブランドから発売されてるけど、何が違うの?」
「おすすめのジャーマントレーナーはどれ?」
「マルジェラが、自ブランドのジャーマントレーナーに『レプリカ』と名付けてるのは何で?」

そんな悩みや疑問をお持ちの方の、お手伝いができればと思います。

目次 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. ジャーマントレーナーとは?
  2. マルジェラは「レプリカ」を自称。なら、本物は・・・?
  3. おすすめのジャーマントレーナー11選

ジャーマントレーナーとは?

では早速、ジャーマントレーナーの基本知識をおさえていきましょう。

軍隊のトレーニングシューズを元ネタにした、上品な“大人のスニーカー”

「ジャーマントレーナー」とは、1970年代~1994年のドイツ軍で実際に採用されていたトレーニングシューズの通称です。

そして同時に、このドイツ軍のトレーニングシューズを“元ネタ”にして生み出されたローテクスニーカーの通称でもあります。

1960~70年に、世界的に人気となったローテクテイストを基に、真っ白ではない配色が施されることで、基本スペックとしてアンティーク感を備えている、上品な大人のスニーカーと言えます。

sugii_k氏がWEARに投稿したコーディネート写真|「真っ白ではない白スニーカー」としてのデザインが、オフホワイトのローゲージセーターや、グレーベージュのコートとの相性が実に◎。スリムシルエットなので、トップスがボリューミーになっても上手く馴染んでくれます。
「真っ白ではない白スニーカー」としてのデザインが、オフホワイトのローゲージセーターや、グレーベージュのコートとの相性が実に◎。スリムシルエットなので、トップスがボリューミーになっても上手く馴染んでくれます。

様々なブランドからレプリカモデルが販売中

ジャーマントレーナーに関して特徴的なのが、特定のブランドが展開しているモデル……というワケではなく、様々なブランドから「ジャーマントレーナー」というタイプということです。

ブランドによってデザインディティールも少しずつ変わっており、元ネタに最も近いとされる「このデザイン(↑)」を1つの目安にするとして、


引用元:amazon.co.jp

引用元:rakuten.co.jp

引用元:amazon.co.jp

引用元:tanakauniv.thebase.in

引用元:karakubuy.com

引用元:tanakauniversal.com

引用元:baycrews.jp

引用元:rakuten.co.jp

引用元:rakuten.co.jp

ざざっとこのように、色々なジャーマントレーナーが流通しています。※右にはみ出ている部分は横スクロールできます。

左からディティールの違いにふれていきますと——

  • スウェードパーツが多めのデザイン
  • オールブラックver.
  • いわゆる一般的なデザイン
  • ソールまで白い
  • ハイカットタイプ
  • スウェード部分を、全てカーフレザーに。
  • インナーのブラウンが少し薄いベージュで、コントラストを控えめに。
  • ベルクロ仕様のレトロ感。
  • ベージュ

——などなど、多種多様。

どれも「ジャーマントレーナー」を基に、ブランドコンセプトや“こだわり”を込めて解釈しているのですね。

こちらは(↑)、マルジェラのジャーマントレーナーの「シュータン部分」を拡大した写真です。シュータン部分にマルジェラ特有のカレンダータグが刻印されており、他ブランドのジャーマントレーナーにはない意匠といえますね。
こちらは(↑)、マルジェラのジャーマントレーナーの「シュータン部分」を拡大した写真です。シュータン部分にマルジェラ特有のカレンダータグが刻印されており、他ブランドのジャーマントレーナーにはない意匠といえますね。

また、様々なブランドから販売されているため、価格帯も多様

「ちょっと素材感を妥協すれば、近いデザインの一足を購入できる」というため、ジャーマントレーナー自体は比較的手にしやすいモデルと言えます。マルジェラを選ぶと6万ぐらいいっちゃいますが。

マルジェラはレプリカを自称。では、いわゆる本物は……??

ジャーマントレーナーは、軍隊のトレーニングシューズが元ネタなので、そもそも今世の中に出回っているのは、全て「復刻品・レプリカ」といえます。

しかし、それでもマルジェラほどのブランドがわざわざ「レプリカ・スニーカー」を名乗っているのは、なぜか。

メゾンマルジェラの創設者「マルタン・マルジェラ」がジャーマントレーナーと出会ったのは、パリ展覧会。
日本の靴メーカー『タナカユニバーサル』が復刻・出品していたジャーマントレーナーを気に入ったのだそうです。

微妙に個性がある「様々なブランドのジャーマントレーナー」のベースデザインは、タナカユニバーサルのデザインということなのです。
微妙に個性がある「様々なブランドのジャーマントレーナー」のベースデザインは、タナカユニバーサルのデザインということなのです。

当時、マルジェラはタナカユニバーサルにジャーマントレーナーの生産を発注しようとしたのですが、タナカユニバーサル側が「自由に作っていいですよ」と回答。

感銘を受けたマルジェラは、自信のブランドから発信するジャーマントレーナーを「レプリカ」と呼ぶことでタナカユニバーサルへのリスペクトを表し、それが現在まで続いているということです。

マルジェラのジャーマントレーナーのインソールに記される「REPLICA(レプリカ)」のワード。マルジェラの「デザイン」に対する哲学が見て取れますね。
マルジェラのジャーマントレーナーのインソールに記される「REPLICA(レプリカ)」のワード。マルジェラの「デザイン」に対する哲学が見て取れますね。
タナカユニバーサルさんはnoteも運営しているので、そちらに興味があるかたはコチラから>>

実際に使われていた工場を再稼働した、タナカユニバーサル

現在、世の中に出回っているジャーマントレーナーの中で、“元ネタの軍隊スニーカー”に一番近いのは『タナカユニバーサル』のジャーマントレーナーです。

タナカユニバーサルは、1942年に創業した日本のシューズメーカー。
このタナカユニバーサルのジャーマントレーナーが、本物に近いとされる理由、それは、ジャーマントレーナーを作っていた工場の機械と設計図、素材をそのまま再稼働させている生産背景にあります。

昔稼働していた工場を復活させ、昔使われていた型紙(設計図)を使って、もう一度作り始めた。そりゃ、本物ですね。

タナカユニバーサルでは、「生産工場に置き忘れられていたプロトタイプ」を復活させたモデルも展開中。ウチのジャーマントレーナーこそ、本物の復刻であると語るにふさわしい由緒正しさがありますね。
タナカユニバーサルでは、「生産工場に置き忘れられていたプロトタイプ」を復活させたモデルも展開中。ウチのジャーマントレーナーこそ、本物の復刻であると語るにふさわしい由緒正しさがありますね。

軍用シューズ工場で、現代テイストにアップデート生産している、リプロダクションオブファウンド

タナカユニバーサルと同じように、軍用シューズ工場でジャーマントレーナーを生産しているブランドに『リプロダクションオブファウンド』があります。

生産背景が似ているのですが別々のブランド。
そしてジャーマントレーナーの方向性にも違いがあります。

タナカユニバーサル製とリプロダクションオブファウンド製のジャーマントレーナー違いを細かく解説しているページがありましたので、詳細はそちらで見て頂くとしまして、ざっくり説明すると

  • タナカユニバーサル製は、本当にオリジナルに沿った仕立て
  • リプロダクションオブファウンド製は、今ドキらしいスリムシルエットな仕立て

という違いがあるそうです。

言われてみれば確かに、横顔に違いがあるような……ないような……
吉祥寺のセレクトショップROL様の特集ページにて、「タナカユニバーサル製」と「リプロダクションオブファウンド製」の違いが解説されています。興味がある方はコチラからどうぞ>>

おすすめのジャーマントレーナー11選

ここからは様々なブランドから発信されているジャーマントレーナーを紹介していきます。
実際に購入するときの参考・目安にしてもらえれば幸いです。

※掲載している価格などの情報は、2022年5月時点でのものとなります

世界のマルジェラがアレンジした、高級ジャーマントレーナー

Maison Margiela レプリカ・スニーカー
おすすめメンズスニーカーNo.9「Maison Margiela レプリカ・スニーカー」の商品画像①
引用元:rakuten.co.jp(Modernblue Ltd.)

ファッションの既成概念に一石を投じるようなデザイン&コレクションで、世界中から注目を集めるファッションブランド『メゾンマルジェラ』のメンズスニーカーです。

この後で紹介するブランド「タナカユニバーサル」が復刻させた、ドイツ軍の訓練スニーカー・ジャーマントレーナーをリスペクトしたモデルで、タナカユニバーサルに発注した際『自由に作っていいですよ』と言ってもらったことに感銘を受けて「レプリカスニーカー」という名前をあえて名乗っています。

世の中に数多く流通するジャーマントレーナーの中でも「スウェード素材の面積」が多いという、デザイン的特徴があります。
ぱっと見だと見逃しがちなのですが「つま先」だけでなく、「靴ひもを通す羽根周り」と「側面のパーツ」にもスウェード素材が採用されているのが解っていただける筈です。

おすすめメンズスニーカーNo.9「Maison Margiela レプリカ・スニーカー」の商品画像②
引用元:rakuten.co.jp(Modernblue Ltd.)

また、シュータン部分にマルジェラアイテムの証である「カレンダータグ」が刻印されているのも唯一無二。

価格帯も相まって、いわゆる“高級ジャーマントレーナー”を購入したい人にとって高い満足感が得られる選択肢といえるでしょう。

おすすめメンズスニーカーNo.9「Maison Margiela レプリカ・スニーカー」の商品画像③
引用元:rakuten.co.jp(Modernblue Ltd.)

ちなみに、マルジェラの公式サイト内では「レプリカ」として紹介されているため、[ジャーマントレーナー]的なキーワードで検索しても、商品は見つからないので注意。
Maison Margiela レプリカ・スニーカー の特徴まとめ

デザインポイント

マルジェラ特有のカレンダータグ、全体的にスウェードレザーの面積が多め、ソールの色味が明るい

ブランド名

メゾンマルジェラ(Maison Margiela)

その他のポイント

大手メゾンのスニーカーという“箔”と満足感
amazonで
購入する
56,000円
公式通販で
購入する
64,900円
楽天市場で
購入する
54,000円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

マルジェラがリスペクトした日本ブランドによる、オリジナルに最も近い復刻モデル

TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183
おすすめメンズスニーカーNo.10「TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183」の商品画像①
引用元:tanakauniversal.com

1942年に創業した、日本の靴メーカー『タナカニユバーサル』のジャーマントレーナーです。

忘れ去られていた生産ソース(機械、型紙、ナイフ etc.)を再利用する形で、ジャーマントレーナーを現代に復刻させた功績があり、現在のジャーマントレーナーが知られる土台を築き上げました。

マルジェラが自ブランドのジャーマントレーナーを「レプリカ」と呼ぶことでリスペクトしているのは、他でもないこのブランドです。

そのため、『ジャーマントレーナーって色々あるけど、オリジナルってどれ?』という問いに一番適切なアンサーは、『一番、オリジナルに近いのはタナカユニバーサル』ということになるのです。

おすすめメンズスニーカーNo.10「TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183」の商品画像②
引用元:tanakauniversal.com

マルジェラほど高級ではない価格が設定されているため、比較的手にしやすいのは、ありがたいポイントと言えます。

この後で紹介する『リプロダクションオブファウンド製』と比較すると、オリジナル寄りなのが特徴。

よりヴィンテージ物や歴史物、ミリタリー物が好きな方は、こちらのタナカユニバーサル製がオススメです。

TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183 の特徴まとめ

デザインポイント

形から配色まで一番オリジナルに近い

ブランド名

タナカ・ユニバーサル(TANAKA UNIVERSAL)

その他のポイント

実際に稼働していた生産ソースを再利用しての復刻モデル、一番オリジナルに近いという自信
公式通販で
通常モデルを購入する
19,000円【完売中】

マルジェラからジャーマントレーナーを知った人へ。

REPRODUCTION OF FOUND ジャーマントレーナー 1700L
引用元:rol.co.jp

各国の軍用シューズを現代風テイストで復刻しているブランド『リプロダクションオブファウンド』のジャーマントレーナーです。

ブランドや生産背景が、1つ上で紹介しました「タナカユニバーサル」と似ていますが、こちらのモデルは、シルエットが細身に仕上がっていたり、配色にベージュが多めだったりと、実はマルジェラ製寄り。

ジャーマントレーナーに対して「ミリタリーシューズ」よりも「お洒落なスニーカー」というイメージを持っている方は、こちらのリプロダクションオブファウンド製がオススメですよ。

引用元:rol.co.jp

▼紹介したジャーマントレーナーのレビュー

想像通りの品でした。
5.0
注文後、翌日に届きました。商品もこちらが想像していた通りのもので満足です。
サイズ感もよく、値段の割にしっかりしたものなので、長持ちしそうです。

引用元:楽天市場
REPRODUCTION OF FOUND ジャーマントレーナー 1700L の特徴まとめ

デザインポイント

マルジェラの配色に近い(同じではないです)

ブランド名

リプロダクションオブファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)

その他のポイント

スロバキア製ハンドメイド、スリム目な着用感
amazonで
購入する
27,280円
公式通販で
購入する
27,280円
楽天市場で
購入する
27,280円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

最初に1足にピッタリ。リーズナブルなジャーマントレーナーを探している方へ!

M.H.A. ジャーマントレーナー
引用元:amazon.co.jp

「メンズ」と「レディース」、そして「キッズ」という幅広いファッションアイテムを取り扱っている「M.H.A.」のジャーマントレーナーです。

合成皮革を採用しているモデルなので、何より安いのが最大の特徴。
コストとの兼ね合いなのか、2万円以上のモデルと比べると、インナーやソールに若干の安っぽさを感じるものの、それは無理難題というもの。この価格帯で購入できることを一緒に喜びましょう。

引用元:amazon.co.jp

手持ちのコーデアイテムとの相性を見るなど、ジャーマントレーナーを試してみたい方にとって、丁度いい1足と言えます。

▼紹介したジャーマントレーナーのレビュー

5.0
想像通りの質感でした(^^) レプリカだけど高見えするし、どんなパンツにも合うシューズ。良い買い物でした。

引用元:楽天市場
コスパ最高
5.0
本来のジャーマントレーナーのクオリティに充分に達してると思います。とても満足です。

引用元:楽天市場
M.H.A. ジャーマントレーナー の特徴まとめ

デザインポイント

平均的なデザイン

ブランド名

M.H.A

その他のポイント

合成皮革採用モデル、リーズナブルな価格
amazonで
購入する
5,390円
楽天市場で
購入する
5,390円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

オールホワイトに、グレースエードの上品なアクセント。

MONO-MART ジャーマントレーナー bu122 ホワイト×ホワイト
引用元:zozo.jp

オリジナルだとベージュカラーのソール(ガムソールと呼ばれたりするソールですね)を、ホワイトソールにすることで、上品な白スニーカーにデザインされたジャーマントレーナーです。

『もっと白ければなー!』という具合に、思っていた白スニーカーフリークの方は是非ぜひ。

引用元:zozo.jp

なお、今回ピックアップしたのは「ホワイト×ホワイト」のカラーバリエーションとなります。ご了承くださいませ!
MONO-MART ジャーマントレーナー bu122 ホワイト×ホワイト の特徴まとめ

デザインポイント

ホワイト系の配色

ブランド名

モノマート(MONO-MART)
公式通販で
購入する
8,690円
ZOZOで
購入する
8,690円

バルカナイズ製法のソールで存在UPな日本製ジャーマントレーナー

SLACK ヴォルフ
引用元:rakuten.co.jp

2017年に旗揚げされた東京発のシューズブランド『スラック』のジャーマントレーナー・ヴォルフです。

割とオリジナルままなデザイン多いジャーマントレーナー界の中で、自ブランドらしさを採り入れているのが特徴。ちょっと違うジャーマントレーナーを探している方は是非チェックです。

引用元:rakuten.co.jp

バルカナイズ製法を採用しているため、全体の耐久性と共に、ソールの存在感もUP。オリジナルと比べると、ソールの先端がシャープなのも結構大きいですよね。

サイドの穴装飾ら、グレー装飾に加えられたディープグレーラインなど、細かなこだわりが見て取れます。

SLACK ヴォルフ の特徴まとめ

デザインポイント

サイドのステッチライン、サイドのパンチ、シャープなソール、濃いグレーのアクセント

ブランド名

スラック(SLACK)
公式通販で
購入する
17,380円
楽天市場で
購入する
17,380円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

トレーニングシューズ感がUPした、オールカーフレザーモデル

TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183-AL
引用元:tanakauniversal.com

ジャーマントレーナーを復刻させた『タナカユニバーサル』の、オールレザータイプのジャーマントレーナーです。

通常タイプがスウェード素材を採用している部分にも、シボ感があるカーフレザーを採用。本来のトレーニングシューズ味が増したデザインに風変りしています。

引用元:tanakauniversal.com

スウェード素材がなくなったことで、汚れた時の靴掃除も簡単になっているのも嬉しいポイントと言えます。
TANAKA UNIVERSAL ジャーマントレーナー 1183-AL の特徴まとめ

デザインポイント

スウェード素材がないTHEシンプルさ

ブランド名

タナカ・ユニバーサル(TANAKA UNIVERSAL)

その他のポイント

実際に稼働していた生産ソースを再利用しての復刻モデル、一番オリジナルに近いという自信
公式通販で
購入する
21,000円

ブラックカラーのジャーマントレーナーを探している方へ

green label relaxing ジャーマントレーナー
引用元:rakuten.co.jp

人気セレクトショップである、ユナイテッドアローズ系列のブランド「グリーンレーベルリラクシング」のジャーマントレーナーです。

足の甲をつつむ部分(アッパー)のレザー素材を、ブラックで統一した配色が特徴。

つま先の素材は、変わらぬスウェード素材なのですが、オールブラックにしたことで「素材の違い」「素材感のコントラスト」は控えめになったとも言えます。

引用元:rakuten.co.jp

ある意味“ジャーマントレーナーらしさ”とは何かを、我々に問いかけてくるモデルなのかもしれません。

▼紹介したジャーマントレーナーのレビュー

5.0
普段27cmで、今回も27cmを購入しました。
甲高ですが、全く窮屈さは感じません。
甲高や幅広ではない方は、ワンサイズ小さくても問題なく履けるのではないでしょうか。

引用元:楽天市場
green label relaxing ジャーマントレーナー の特徴まとめ

デザインポイント

オールブラック

ブランド名

グリーンレーベルリラクシング(green label relaxing)

その他のポイント

リーズナブルな価格
amazonで
購入する
8,690円
楽天市場で
購入する
8,690円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

よりレトロな雰囲気を楽しみたい方。もしくは、普通のジャーマントレーナーじゃ満足で着

REPRODUCTION OF FOUND ジャーマントレーナー ベルクロ仕様
引用元:rakuten.co.jp

靴ひもではなくベルクロ(面ファスナー)で締まりを調節するタイプのジャーマントレーナーです。

全体のボリュームが少し増すこと以上に、レトロな雰囲気が特徴的です。

▼紹介したジャーマントレーナーのレビュー

5.0
品質、履きやすさ共に良くシリーズ3足目のリピートです。キレイめにもカジュアルスタイルにも万能なスニーカーでおすすめですね。

引用元:楽天市場
REPRODUCTION OF FOUND ジャーマントレーナー ベルクロ仕様 の特徴まとめ

デザインポイント

レトロ感が楽しめるベルクロ仕様

ブランド名

リプロダクション・ファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)

その他のポイント

スロバキア製ハンドメイド
公式通販で
購入する
26,180円
楽天市場で
購入する
26,180円
現在、楽天市場で「楽天マラソン」開催中!複数の楽天ショップで商品を買えば、最大ポイント10倍に!
※マラソン期間はX/XXの1:59まで!
◆楽天ポイント5倍デー◆
本日中(X/XX)に購入すれば、楽天ポイント5倍!

ミリタリー感UP! ハイカットタイプのジャーマントレーナー

ジャーマントレーナー ハイカットモデル
引用元:karakubuy.com

履き口の高い「ハイカットタイプ」のジャーマントレーナーです。

マルジェラのジャーマントレーナーを参考にしているのか、グレースウェードの面積が多いのが特徴。
ソールの色味が鮮やかなのもマルジェラ味がありますね。

靴からブーツに形が寄ったことで、よりミリタリー系のコーディネートや、オリーブやブラウンなどのアースカラーとの相性がUPしています。

引用元:karakubuy.com

ジャーマントレーナー ハイカットモデル の特徴まとめ

デザインポイント

ミリタリー感強まるハイカット仕様

その他のポイント

マルジェラの配色に近いデザイン
公式通販で
購入する
14,500円

女性の足元をメンズライクに引き締める、ヨウジヤマモトの解釈。

Ys WAX VELOUR COMBINATION LEATHER GERMAN TRAINER
引用元:theshopyohjiyamamoto.jp

世界的ブランドデザイナー・山本耀司氏が手掛けた最初のブランドである『ワイズ』のジャーマントレーナーです。

モノクロカラーやシャープなシルエットを採り入れた、レディースブランドでありながら格好イイ という言い方も今どき古いのかもしれませんが デザインには、“女性にメンズライクな服を着てほしいという強い想い”から生まれたワイズの存在意義を強く感じますね。

また、側面の「Y」ステッチに遊び心が込められていてイイですよね。

引用元:theshopyohjiyamamoto.jp

Ys WAX VELOUR COMBINATION LEATHER GERMAN TRAINER の特徴まとめ

デザインポイント

モノクロカラーリング、シャープなデザイン、側面の「Y」ステッチ

ブランド名

ワイズ(Y’s)

その他のポイント

ヨウジヤマモト系デザイン
公式通販で
購入する
59,400円

あとがき

以上、「ジャーマントレーナー」について、色々と語ってきました。参考になる部分はありましたでしょうか?

正直、この記事を書く前は「ジャーマントレーナー=マルジェラ(でしょ多分)」というおぼろげな認識があったので、私自身も本腰をいれて調べられたことで勉強になる部分が多かったです。

ブランド物や有名モデルに関しては、デザインや価格以外のバックグラウンドもなかなか味わい深いものが多いですよね。

皆さんも、理想のジャーマントレーナーを手にしつつ、今、世界にジャーマントレーナーが広まった歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

『明治生まれの靴博士』編集部、大山がお送りしました。
ではまた。

こんな選択肢もある
おすすめ白スニーカー
【スリムなのに、3E設計】ジャーマントレーナーっぽい、グレースエードの白スニーカー

明治5年から続く日本最古の紳士靴メーカー『大塚製靴』のクラシックレザースニーカーです。非常にシュッとしたスリム顔なのですが、足幅の広いタイプの方でも安心な3E設計なので、非常に快適な履き心地を楽しめる一足に仕上がっています

『ジャーマントレーナーを探してたけど、もう少し違う白スニーカーがいいかも……』と思い始めた方は、是非チェックしてみてくださいね。

参考価格:34,980円(税込み)
色展開:ホワイト、他

公式通販サイトで
購入する
公式通販で
他のスニーカーを見てみる

明治5年から150年近く“日本人の足のための靴づくり”を続けてきた、日本最古の紳士靴ブランド『大塚製靴』のドレススニーカーシリーズです。

ゆったり3E設計なのに、スリムシルエットに仕上がっている人気スニーカー4選