「リーガルってよく聞くけど、どんなブランドなの?」
「靴の種類が多くて、どれを選べばいいのか分からない」
「有名なブランドってことは、好みだけで選んでも大丈夫?」

みなさん、こんにちは。
『明治生まれの靴博士』編集部の大山です。

みなさんは「リーガル(REGAL)」という革靴ブランドを、知っていますか?

リーガルは、国産革靴の定番と言われるほど、人気と知名度のある革靴ブランドです。

上質・長持ち・高コスパな革靴を仕立てるので、革靴初心者にもオススメ。
非常に幅広い層の日本紳士から指示を集めています。

今回の記事では、そんなリーガルブランドの特徴を解説しつつ、おすすめのリーガル革靴を紹介したいと思います。

「リーガルが“すごい有名”……ってことだけは、知っている」
「友人から勧められたので、よく知らないまま購入を検討している」

今回の記事が、そんな方々の参考になれば幸いです。

目次 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. 「リーガル」って、どんなブランド?
  2. リーガルの革靴を選ぶときの3大ポイント
  3. 【デザイン別】おすすめのリーガル革靴11選
  4. あとがき
日本製おすすめブランド
日本最古の紳士靴メーカーが仕立てる「疲れにくい全天候対応シューズ」

日本最古の紳士靴メーカー『大塚製靴』が仕立てた、疲れにくい全天候対応ビジネスシューズです。

日本人の足型を140年以上研究してきたノウハウを活かした「靴内部の立体的な設計」による、フィット感は極上の一言。

雨を含めた全天候対応マテリアル「ウォータースマート」を搭載することで、雨を弾いて足ムレを防ぐなど、快適な靴内環境をキープしてくれますよ。

価格:26,400円(税込み)

公式通販サイトで購入する

1.「リーガル」って、どんなブランド?

創業から100年以上続いている、リーガルの靴づくり。

生産コスト削減のため、生産拠点を海外へ移すブランドやメーカーも多い今日。リーガルは「物と想いを一緒に届けたい」という理念の許で、現在も多くの革靴を国内自社工場で仕立てています。

そんなリーガルの特徴をまとめてみました。

1-1.伝統と革新を柔軟に採り入れる靴づくり

リーガルの特徴の1つ目は、伝統と革新を柔軟に採り入れる姿勢にあります。

「クラシック革靴としての価値観」と「毎日の足元を任せる便利さ・快適さ」の両取りをしていくリーガル。長く支持を集めてきた理由が、垣間見えますね。

伝統のグッドイヤーウェルト製法

グッドイヤーウェルト製法とは、高級革靴の代名詞とも呼ばれる伝統的な製法のこと。
高度な技術と繊細な工程が要求されますが、リーガルはこのグッドイヤーウェルト製法を革靴つくりに採用しています。

グッドイヤーウェルト製法で仕立て靴は、他の製法の靴に比べて丈夫に仕上がるため、「足を守る」という靴本来の役割を最も堅実に遂行してくれるのです。

革新のGORE-TEX®ファブリクス

リーガルの革靴に頻繁に採用される機能素材といえば「GORETEX(R)ファブリクス」。防水&透湿なため、雨で濡れず汗でムレずという履き心地を実現してくれます。ちなみに防風性もあります。

リーガル革靴の多くに採用されている素材の1つに「GORE-TEX®ファブリクス」があります。

GORE-TEX®ファブリクスとは、ゴア社が生産している機能系生地素材のこと。

防水性(水滴を通さない)と透湿性(水蒸気は通す)を併せ持っているため、「雨では濡れない。汗ではムレない」という素晴らしい履き心地を実現してくれるのです。

ちなみに、GORE-TEX®ファブリクスは、革の下(裏側)に差し込まれています。
革自体が特殊だったり、特殊コーティングされていたりするワケではないので、一般的な革靴と同じようにクリーム塗布&ブラッシングをしてOKです

1-2.抜群のコストパフォーマンス

【革靴の価格とその立ち位置】一般的にデイリーで履く革靴の相場は3~5万円。結婚式や重役との会議といった「晴れ舞台」で履く革靴は5~10万円。10万円を越える革靴は趣味の領域。そんな風に言われています。

「デイリーで履く革靴の相場は3~5万円ぐらいが妥当」と言われることもある革靴界隈。

その中でリーガルは、

  • 日本国内の自社工場で生産
  • 手間がかかる昔ながらの製法を採用

などなど、価格高騰の条件がそろっているにも関わらず、多くの革靴を3万円台で販売。MEN’S EXなどの雑誌で特集されるたびに「相変わらず驚異的なコスパだよね」と評価されています。

1-2+α.力の入れ所・抜き所を解っている

リーガル革靴のコストパフォーマンスが高いその秘密。
それは、“力の入れ所”を見極めた生産体制にあります。

革靴のクオリティに直結するアッパー(足の甲を包む部分)の革などには上質なレザーを惜しみなく採用。その一方で、目立たないヒールの一部にリサイクルレザーを採用したり、内部の金属パーツを同強度&低コストのプラスチックに交換したりと、絶妙なコスト管理を徹底しているのです。

そのためリーガル革靴は、「いい革靴」という評価だけでなく、「工業製品として正しい」「合理的」という評価を受けることもあるんです。

1-3.ブランドはアメリカ生まれ。技術は日本生まれ

今日まで続くリーガルの革靴を仕立てる技術は、日本国内で脈々と受け継がれてきたものです。

一方で、『リーガル (REGAL)』というブランド自体は、1880年のアメリカ・マサチューセッツ州にて誕生しました。

国産革靴の代名詞とされることもあるリーガル。
ブランド自体の生まれは、実はアメリカなんです。

リーガルが日本に上陸したのは1961年のこと。その際に紳士靴の生産を任されたのが、既に半世紀以上も靴づくりを続けていた日本製靴株式会社(現・リーガルコーポレーション)でした。

現在は社名をリーガルコーポレーションと改めた日本製靴株式会社によって、靴づくりだけでなく、ブランド全体のかじ取りが行われています。

日本最古の靴工場「伊勢勝造靴場」の末裔的存在

リーガルコーポレーションは、元々「日本製靴株式会社」という社名だったというのは上で語った通り。

そして実は、この日本製靴株式会社は、日本最古の製靴工場「伊勢勝造靴場(いせかつぞうかじょう)」の流れを汲んだ会社なのです。
※下の図でいうと、左上から始まって右下のリーガルに着地する流れです。

明治3年の開業以降、

  • 時代の要請による軍靴製造
  • 軍靴製造縮小のあおりを受けた倒産
  • 様々な出資者の支えによる復活
  • 他社の靴部門との連携合体
  • リーガルブランドとの出会い

といった出来事を経ながら、今日のリーガルにまで脈々と続いているのです。

ちなみに、日本最古の紳士靴ブランドである『大塚製靴』の創業者・大塚岩次郎氏も、この伊勢勝造靴場に通い、腕を磨いたと言われています。

2.リーガルの革靴を選ぶときに注目したいポイント

さて、ここからは実際にリーガルの革靴を選ぶ時に、注目したい以下のポイントを紹介していきます。

  1. 革靴のデザイン
  2. ソールの種類
  3. 搭載されている機能・テクノロジー

購入した後で「……あれ?」なんてことにならないよう予め確認して、理想に近い革靴を探してくださいね。

【注目ポイント01】革靴のデザイン

まず注目したいのが革靴のデザイン。

革靴には、つま先にW字の模様があるもの、逆に装飾がなくつるっとしているもの、金属バックルがあるものなど、様々なデザインがあります。

そして気を付けないといけないのが、革靴にはデザインに応じたTPOがあるということ。
「好きなデザインを選んどけばOK!」というワケにはいかないのです。

皆さんは、どのシーンで履く革靴を探していますか?
ビジネス専用ですか? 結婚式や葬祭での着用も考えていますか?

上の図表を見た上で、適切なデザインの革靴を選んでくださいね。

内羽根と外羽根の違い

近年、ファッションやスーツスタイルのカジュアル化が進んでいることもあって、そんなに気にされなくなっている……でも大切な要素の1つに、「革靴の羽根」があります。

靴ひもを結ぶタイプの革靴は、羽根(ひもを通す穴があるパーツ)の仕様によって「内羽根の革靴」と「外羽根の革靴」に分類できます。

このように(↑)、羽根の縫い付けられ方が違っているのです。

内羽根は側面とつま先側が縫われていて、外羽根は側面のみが縫われている、という違いがあります。

羽根の違いは見た目の違いだけに留まらず、以下のような違いがあります。

≪内羽根の特徴≫
英国王室の宮廷靴にルーツがあるフォーマルな仕様。結婚式や葬祭に相応しいのはコッチの形。
構造上の問題で、足の甲が高い人は「靴ひもをゆるめてもフィット感が得られない」といったことが起こる。

≪外羽根の特徴≫
軍靴にルーツがあるカジュアルな仕様。本来なら結婚式や葬祭などの席で着用するのはマナー違反。
一方で、足の甲が高い人でもフィット感が得やすいという特徴がある。実用性(着脱や履き心地)を優先した軍靴らしい一面が垣間見えます。

【注目ポイント02】ソール(靴底)の種類

リーガルが靴づくりに採用している靴底の種類は主に2つ。
革で作られた「伝統的なレザーソール」と、合成ゴムで作った「滑りにくいラバーソール」です。

基本的に、ソールの種類にTPOはありません。

そのため、“クラシックな革靴”にこだわりが無ければ、比較的安くて滑りにくいラバーソールを選んでおけば問題はないでしょう。

レザーソールとラバーソールの違いをより詳しく解説すると、以下のようになります。

履き込むほど足に馴染んでいく、革靴の王道「レザーソール」

天然皮革を用いた靴底です。
おろして直ぐは固い履き心地なのですが、徐々に足に馴染んで変形していくため、履き込むほど“唯一無二の相棒”として育っていきます。
革なので通気性に優れているのもポイントの1つですね。

一方で、雨の日がとにかく苦手。
濡れた地面で走ろうものなら、コメディ映画のように大転倒することも本当にありえます。

また、この後紹介するラバーソールと比べると、天然皮革を使っているためどうしても価格が高くなりがちです。

革靴の天敵・雨を克服した「ラバーソール」

合成ゴムを用いた靴底です。凹凸の加工がしやすいため、雨で濡れた地面に対しても強いグリップ力を発揮してくれます。

レザーソールと比べて価格を安いこともあり、正直なところ、革靴にこだわりがないのであれば、ラバーソールで大丈夫だと思います。

デメリットとしては、要するにゴム板なので、通気性はほぼゼロなことが挙げられます。

【注目ポイント03】搭載されている機能・テクノロジー

リーガルの革靴の多くは、GORE-TEXを始めとした技術・素材を採用することで、更なる履き心地を目指しています。

GORE-TEX以外にも、採り入れている技術がありますので、後ほど商品を紹介するときに個別に解説していきます。

【デザイン別】リーガルのおすすめ革靴20選

ここからは、おすすめのリーガル革靴を紹介していきます。

今回紹介する革靴は全部で20モデル。

それらをデザインごとに、着用OK/NGを交えてご紹介していきます。

「この革靴は結婚式で履いても大丈夫?」や逆に「結婚式で履きたいデザインが欲しい」といったときの目安にしてもらえれば嬉しいです。

下のイラストをタッチ/クリックすると該当するデザイン革靴に移動します。

≪この記事で紹介する革靴ジャンル7種≫
 ビジネスで特に活躍する2種 
 薄く広く活躍する5種 
あらゆるシーンで着用可能。迷ったらコレ一択 シンプルなフォーマル靴。幅広いシーンで活躍します スーツに華やかさを加えたいときの一足 金属バックルの存在が、ひと味違うエレガントを演出 ジャケパンとの相性◎なカジュアルデザイン 着脱が楽なので、普段履きとして愛用する人も多い 靴磨きの腕が問われる、お洒落な変わり者
– スーツスタイル –
◎バッチリ
– スーツスタイル –
◎バッチリ
– スーツスタイル –
○着用可
– スーツスタイル –
◎バッチリ
– スーツスタイル –
○着用可
– スーツスタイル –
○着用可
– スーツスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– ビジカジスタイル –
◎バッチリ
– 就活・面接 etc. –
◎バッチリ
– 就活・面接 etc. –
◎バッチリ
– 就活・面接 etc. –
×やめておこう
– 就活・面接 etc. –
△大丈夫だけど…
– 就活・面接 etc. –
×やめておこう
– 就活・面接 etc. –
×やめておこう
– 就活・面接 etc. –
×やめておこう
– 結婚式 –
◎バッチリ
– 結婚式 –
◎バッチリ
– 結婚式 –
×やめておこう
– 結婚式 –
○着用可
– 結婚式 –
×やめておこう
– 結婚式 –
×やめておこう
– 結婚式 –
×やめておこう
– 葬祭 –
◎バッチリ
– 葬祭 –
◎バッチリ
– 葬祭 –
×やめておこう
– 葬祭 –
×やめておこう
– 葬祭 –
×やめておこう
– 葬祭 –
×やめておこう
– 葬祭 –
×やめておこう
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼

ここからは、上でご紹介した7種類・11選のリーガルおすすめ革靴を一足ずつ紹介していきます。

※掲載している参考価格や各通販サイトでの販売価格は、2019年12月2日時点のものです。予めご了承くださいませ。また、生産国と原産国の使い分けは、各商品ページの表記に準じたものになっております。

万能のストレートチップ

「ストレートチップ」は、靴前部に「横一文字」の切り返しがあるデザインの革靴です。革靴として最上級のフォーマルさを持っているため、ビジネスとフォーマル、そしてカジュアル。あらゆるシーンに対応可能です。

万能ストレートチップをリーガルらしさ100%で

REGAL 内羽根ストレートチップ 01TRCE
引用元:shoes.regal.co.jp

履き込むほど靴が足に馴染んでくる「グッドイヤーウェルト製法」。そして、防水性&透湿性に優れた生地膜「GORE-TEX ファブリクス」を採用したストレートチップです。
お家芸のグッドイヤーウェルト製法と機能素材を投入した、リーガルらしいモデルといえます。
引用元:shoes.regal.co.jp

サイズ感に影響しない範囲で靴の全長を短く調整し、アウトソールに僅かな厚みを持たせているため、ドレス感と重厚感の両立に成功しています。

ちなみにGORE-TEXは、写真で見えるレザーの下(靴の内側)に仕込まれる構造になっています。レザー自体はあくまでも天然皮革です。

REGAL 内羽根ストレートチップ 01TRCE の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
34,650円
公式通販で
購入する
38,500円
楽天市場で
購入する
34,650円

リーガル入門or革靴入門にピッタリな一足

REGAL 内羽根ストレートチップ 11KRBD
引用元:shoes.regal.co.jp

リーガルのビジネスシューズとしては珍しい「セミマッケイ製法」で仕立てられたストレートチップです。
靴をおろして直ぐ、柔らかい履き心地を楽しめることから、リーガル初心者(もしくは革靴初心者)にピッタリなモデルです。
引用元:shoes.regal.co.jp

吸水速乾に優れた「COOLMAX®」をライニングに採用しているので、さらっと快適な履き心地をキープしてくれるのも嬉しいポイント。
ただし、グッドイヤーウェルト製法を採用した他のモデルに比べると、靴の丈夫さが比較的劣る一面も。

加えて、履き込むほど靴が足に馴染んでくる“革靴を育てている感”も弱めであることを忘れてはいけません。

REGAL 内羽根ストレートチップ 11KRBD の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

セミマッケイ製法(おろして直ぐ柔らかい履き心地が楽しめるが、少々耐久性が低い)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
22,440円
公式通販で
購入する
26,400円
楽天市場で
購入する
20,735円

「親指周りがいつも窮屈!」だった人にオススメな1足

REGAL 外羽根ストレートチップ 50URBG
引用元:shoes.regal.co.jp

外羽根を採用することで、フォーマル感よりもフィット感を優先したストレートチップです。
親指が長いタイプの足との相性がいい「オブリークラフト」仕様なため、そのシルエットは他のモデルよりもワイドな仕上がりに。
引用元:shoes.regal.co.jp

外羽根である以上、結婚式や葬祭などのフォーマルな席では着用できませんが、ビジネスシーンなどではまったく無問題。
この一足で、普段のお仕事の生産性がUPしたら幸いです。
REGAL 外羽根ストレートチップ 50URBG の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
26,500円
公式通販で
購入する
20,790円
楽天市場で
購入する
25,000円

無駄な装飾を省いた、シンプルなプレーントゥ

「プレーントゥ」は、つま先(靴前部)に装飾がないシンプルなデザインの革靴です。

1つ前のコンテンツで紹介している「ストレートチップ」と同等のフォーマルさを持ち、内羽根と外羽根を問わずフォーマルな席での着用が認められています。

昭和44年からずっと愛されている、リーガルビジネスシューズの顔

REGAL 外羽根プレーントゥ 2504NAEB
引用元:shoes.regal.co.jp

昭和44年に発売されて以来、多くの人々に愛され続ける外羽根プレーントゥです。

高級感があって通気性がよい天然皮革のアッパーと、滑りにくいゴムソール。それらを、履き込むほど足に馴染んでくる「グッドイヤーウェルト製法」で仕上げた実に合理的な一足です。

引用元:shoes.regal.co.jp

ちなみに、リーガルが革靴のソールに合成ゴムを採用したのは、この2504が初。リーガルブランドにとっても特別な存在なんです。
REGAL 外羽根プレーントゥ 2504NAEB の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
22,500円
公式通販で
購入する
27,500円
楽天市場で
購入する
24,044円

華やかでカントリーな、ウイングチップ

「ウイングチップ」は、つま先(靴前部)にW字の切り返しとブローグ(穴飾り)があるデザインの革靴です。ブローグがある系統の革靴の中で最も華やかなことから「フルブローグ」と呼ばれることもあります。

結婚式や葬祭などフォーマルな席での着用はできませんが、ビジネスシーンの足元に華やかさをプラスしたいときは、これ以上の適役はいません。

今回はブラックカラーを基本にご紹介しますが、ブラウンのウイングチップはまた印象がガラっと変わり非常にカントリーな外見になります。

ドレスとカントリーをバランスよく採り入れた、一足

REGAL 内羽根ウイングチップ 32PRBE
引用元:shoes.regal.co.jp

ブローグ(穴飾り)の華やかさと、内羽根のフォーマルさを合わせた「内羽根ウイングチップ」です。

アッパーとソールとを接着剤で接合する「セメンテッド製法」を採用して製造工程を減らしているため、価格が比較的安く抑えられています。
また、縫製ではなく接着するため、靴底と側面からの浸水に強いのも地味ながら嬉しい特徴ですね。

引用元:shoes.regal.co.jp

一方で、他のモデルで採用されている「グッドイヤーウェルト製法」では可能な靴底の修理が、このモデルだとできず、かかとの先っぽを修理交換するのが限界。
内羽根デザインなため大分カジュアルさが抑えられているものの、やはり結婚式や葬祭での着用でNGです。
REGAL 内羽根ウイングチップ 32PRBE の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

合成ソール(スポンジ+ゴム)

ソールの素材・機能

セメンテッド製法(比較的安価なお値段価格に。実は防水性に富む一面も。革靴を育ててる感は弱い。)

ブランド名

ベトナム
amazonで
購入する
26,125円
公式通販で
購入する
13,750円
楽天市場で
購入する
21,998円

金属パーツが一味ちがうエレガントを演出する、モンクストラップ

ベルトと金属バックルで締まりを調節する革靴は「モンクストラップ」と呼ばれています。

靴ひもを結ばない革靴の中で最もフォーマルであるとされ、スーツスタイルとコーディネートしても違和感がありません。

本来ならリクルート就職活動・面接の場でも問題はないのですが、金属小物の存在感を「生意気!」と受け取られてしまう可能性があるかも……そのため、止めておいた方が吉かもしれません。

エレガントかつ重厚な印象のモンクストラップ

REGAL ダブルモンクストラップ・ストレートチップ 07TRCE
引用元:shoes.regal.co.jp

2本のベルトと2つのバックルで締まりを調節する、「ダブルモンクストラップ」の革靴です。
フロント部分には「横一文字」があるストレートチップタイプを採用。結婚式でも着用可能なフォーマルさを備えています(金属パーツがあるため葬祭はNGです)。
引用元:shoes.regal.co.jp

履き心地に影響しない範囲で、靴の全長を短めに調整し、かつソールに厚みを持たせているため、安定感ある重厚さとドレス感の両立に成功しています。
REGAL ダブルモンクストラップ・ストレートチップ 07TRCE の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
公式通販で
購入する
38,500円
楽天市場で
購入する
32,700円

ウォーカーシリーズから推薦。歩きやすさを追求した一足

REGAL モンクストラップ・プレーントゥ 103WAH
引用元:shoes.regal.co.jp

ソールのジグザク感や履き口の丸み。どこかスニーカーを思わせるこのモデルは、「リーガルウォーカー」という歩きやすさを高めたシリーズに属する一足です。
引用元:shoes.regal.co.jp

ジャケパンが許容されるなど、ある程度ドレスコードに緩い職場であれば着用は可能だと思います。しかし、それでもかなりカジュアルな一足であることを忘れてはいけません。
重要な会議、特に外部の人と同席する場では不適といえるでしょう。
REGAL モンクストラップ・プレーントゥ 103WAH の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

クッション性に富んだスポンジ

ソールの素材・機能

ステッチダウン製法(ウォーキングシューズに頻繁に採り入れられる製法)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
24,200円
公式通販で
購入する
24,200円
楽天市場で
購入する
19,008円

ジャケパンとの相性がいい、Uチップ

「Uチップ」とは、その名の通り、フロントの飾り生地が「U字」になっているデザインの革靴です。モデルによっては、角ばって「V字」や「凵字」に見えるものもありますが、総じてUチップに分類されます。

ハンティングやゴルフ用のシューズとして発明・販売された歴史があり、羽根の仕様に関わらず、フォーマルな席での着用には向いていません。

ビジネスシーンで着用する際も、スーツよりもジャケパンスタイルとの相性がいいとされています。

雨にも強い、おすすめUチップモデル

REGAL 外羽根Uチップ 06TRCE
引用元:shoes.regal.co.jp

雨(水滴)の侵入は防ぎ、水蒸気は通す。そんな「GORE-TEX ファブクス」を採用した、外羽根Uチップです。

アッパーの素材は高級感ある天然皮革。ソールは滑りにくい合成ゴム。そして、履き込むほど足に馴染んでいく履き心地になる「グッドウェルトイヤー製法」。革靴とししての価値観と、求められる使いやすさのバランスをとったリーガルらしい一足です。

引用元:shoes.regal.co.jp

REGAL 外羽根Uチップ 06TRCE の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
公式通販で
購入する
38,500円
楽天市場で
購入する
34,650円

普段履きとして愛用する人も多数なローファー

靴ひもや留め具がない革靴(スリッポン)に分類される「ローファー」。
コーディネートしやすいカジュアルテイストな外見と、着脱のお手軽さから、多くの紳士に愛用されているデザインです。

ビジネスシーンで着用するときは、スーツスタイルよりもジャケパンスタイルとのコーディネートがオススメ。

なおカジュアルさ故に、結婚式や葬祭などのフォーマルな席での着用NGとなっています。

昭和46年から愛され続ける定番ローファー

REGAL コインローファー 2177
引用元:shoes.regal.co.jp

昭和46年から今日に至るまで、同じ製法で仕立てられ続けているロングセラーのローファーです。当時の日本国内では、このタイプの革靴を「紐無し靴」と呼んでいたのですが、この一足の登場を皮切りにローファーという名称が一気に広まったと言われています。
引用元:shoes.regal.co.jp

履き込むほど足に馴染んでくる、グッドイヤーウェルト製法で生産されています。
REGAL コインローファー 2177 の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

タイ
amazonで
購入する
18,500円
公式通販で
購入する
22,000円
楽天市場で
購入する
17,600円

お手軽価格のコインローファー

REGAL コインローファー 30NRBB
引用元:shoes.regal.co.jp

アッパーに天然皮革(牛革)を採用することで、ドレスシューズらしい高級感を担保。それでいて、滑りにくいゴムソールや低コストで生産できる「セメンテッド製法」を採用した、合理的なローファーです。
引用元:shoes.regal.co.jp

水蒸気は通すけれど雨は通さないゴアテックスを仕込んでいるため、雨天下でも快適。履き口の周りにスポンジを仕込んでいるため、普段の歩行をソフトに支えてくれます。

セメンテッド製法の靴としては珍しく、1回限りですが、ソールの修理が可能。使い込んだ際は忘れずに修理に出しましょう。

REGAL コインローファー 30NRBB の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

セメンテッド製法(比較的安価なお値段価格に。実は防水性に富む一面も。革靴を育ててる感は弱い。)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
21,582円
公式通販で
購入する
24,200円
楽天市場で
購入する
19,360円

オシャレでスマートな、スワールトゥ

2本のステッチがつま先へ流れているように見えるデザインの革靴は「スワールトゥ(スワロートゥ)」と呼ばれています。

非常にファッション性が強い革靴なので、羽根の仕様に関わらずフォーマルなシーンに向いていません。またビジネスシーンで着用する際も、重要な会議などでの着用は避けるようにしましょう。

また、つま先(足前部)に自然と視線を集めるため、靴を大切にしているか(小まめに手入れをしているか)どうかが、一目で相手に分かってしまうデザインとも言われています。

鼻筋が通ったお洒落顔なスワールトゥ

REGAL 外羽根スワールトゥ 03ARBD
引用元:shoes.regal.co.jp

つま先に視線が集まるスワールトゥの特徴を活かして、「ビークトゥ」を採用した遊び心ある一足です。

ビーウトゥとは、鼻筋が通っているかのように見える、つま先のデザインのこと。イタリアの革靴ブランド『マドラス』によって考案されました。

引用元:shoes.regal.co.jp

ブラックとブラウンのカラー展開がなされていますが、ブラウンの方がビークトゥ周りの濃淡に味があるため、ジャケパンみたいな格好に合わせたいときはブラウンの方がオススメですよ。

他の一般的なモデルよりもかかとが、さり気なく5mmほど高く仕上げられています。

REGAL 外羽根スワールトゥ 03ARBD の特徴まとめ

アッパー(足の甲を包む部分)素材

高級感ある牛革

採用テクノロジー

滑りにくいラバーソール

ソールの素材・機能

グッドイヤーウェルト製法(履き始めは硬めだが、履き込むほど足に馴染むんでくる)

ブランド名

日本
amazonで
購入する
24,310円
公式通販で
購入する
20,020円
楽天市場で
購入する
18,590円

あとがき

以上、「リーガル革靴を選ぶときのポイント」と「おすすめリーガル革靴」を紹介しました。

いかがでしたか?

上質&長持ち&高コスパが揃った、リーガルの革靴。

今回の記事でご紹介したチェックポイントと見比べながら、理想に近い一足を見つけてくださいね。

以上、『明治生まれの靴博士』編集部の大山でした。

日本製おすすめブランド
日本最古の紳士靴メーカーが仕立てる「疲れにくい全天候対応シューズ」

日本最古の紳士靴メーカー『大塚製靴』が仕立てた、疲れにくい全天候対応ビジネスシューズです。

日本人の足型を140年以上研究してきたノウハウを活かした「靴内部の立体的な設計」による、フィット感は極上の一言。

雨を含めた全天候対応マテリアル「ウォータースマート」を搭載することで、雨を弾いて足ムレを防ぐなど、快適な靴内環境をキープしてくれますよ。

価格:26,400円(税込み)

公式通販サイトで購入する