大塚製靴公式オンラインショップ
大塚製靴会社概要 大塚製靴公式オンラインショップの送料・支払い方法について 大塚製靴公式オンラインショップのメンズ(紳士)ブランド一覧 大塚製靴公式オンラインショップのレディス(婦人)ブランド一覧 大塚製靴の歴史について 大塚製靴公式オンラインショップのメールマガジン

大塚製靴には、創業当初から掲げられ、140年もの間、守り続けてきた一つの理念があります。それは 『日本人にとって本当に履き良い靴』 を作ること。

西洋に起源を持つ紳士靴。その伝統、技術、発想には学ぶべきことが多く、その結果、生み出された素晴らしい靴が数多く存在します。ただ、それでは西洋の靴が日本人にとっても最良かと言われると、そうとは限りません。文化も足型も異なる西洋人と日本人。靴に求められる機能や特徴も自ずと違いが生じるのは必然とも言えます。

日本人にとって最良の靴、その問いに対する答えを出すためには、西洋で培われた歴史や技術の積み重ねの上に、日本人の足についての知識も必要不可欠となります。

創業から求め続け、歴史上で最も長く日本人の足を見つめ続けてきた大塚製靴だからこそ出来ること。“日本人にとって”の靴作りとはは、私たちの自負であると共に使命なのです。

OTSUKA M-5
ジョンストン&マーフィー   OTSUKA M-5 Hi-Design Works   Hi-Design Works
             
ハッシュパピー   ボンステップ   ジョンストン&マーフィー   Hi-Design Works
             
グレンソン(GRENSON)   ジョンストン&マーフィー   グレンソン(GRENSON)  
OTSUKA M-5





【皇室御用達紳士靴 通販 販売】

    OTSUKA M-5

    GRENSON

    Hush Puppies

    Bon Step

    THREE WISE

    PAGANI

    BARRATS

    BARRET

    PALAGIO






創業明治5年。その10年後、明治15年に皇室御用達として天皇陛下御靴調整を拝命。明治25年には、万国博覧会で金牌を受賞することによって、日本の靴作りの実力を世界に示しました。

その後、皇室や華族をはじめ、山本権兵衛海軍大将、GHQ最高指令官ダグラス・マッカーサー氏、鹿鳴館の主任建築家ジョサイア・コンドル氏といった各界を代表する名士がその顧客リストに名前を連ね、大塚製靴で靴を誂えるということは、一流の世界に足を踏み入れることを意味しました。

世界各国で日本の代表として振舞う外交官。その外交官として一人前と認められてようやく大塚製靴で靴の注文が出来るようになるという慣習が存在したことは、それが一つのステータスとして認知されていた証明でもあります。

国家を代表する者の足元を飾るに相応しい“品格”。
それこそが長きに渡り、大塚製靴の靴作りに求められてきた条件とも言えるのです。

大塚製靴には、創業当初から掲げられ、140年もの間、守り続けてきた一つの理念があります。それは 『日本人にとって本当に履き良い靴』を作ること。

西洋に起源を持つ紳士靴。その伝統、技術、発想には学ぶべきことが多く、その結果、生み出された素晴らしい靴が数多く存在します。ただ、それでは西洋の靴が日本人にとっても最良かと言われると、そうとは限りません。文化も足型も異なる西洋人と日本人。靴に求められる機能や特徴も自ずと違いが生じるのは必然とも言えます。

日本人にとって最良の靴、その問いに対する答えを出すためには、西洋で培われた歴史や技術の積み重ねの上に、日本人の足についての知識も必要不可欠となります。

創業から求め続け、歴史上で最も長く日本人の足を見つめ続けてきた大塚製靴だからこそ出来ること。“日本人にとって”の靴作りとは、私たちの自負であると共に使命なのです。

日本国内に工場を持ち、次世代に伝承すべき高度な技術・知識・見識を持つ「隠れた名人」を表彰する 『MFUマイスター〈技術遺産〉』 に大塚製靴の職人が選ばれました。

歴史の中で編み出された技術と、その習熟と研鑚に努めた数十年というキャリア。そして、もう一つ、そこには忘れてはならない条件があります。それは、先人の築き上げた技術を、後進に継承するための仕組み。

技術というのは、知識だけでは再現できません。その技術を継承した職人のもとで、五感を通じて学ぶことによって初めて継承されるのです。

大塚製靴では、“ファクトリー”という考え方を大切にしています。一人一人の職人ではなく、一つのファクトリーとして技術を継承する。そうすることで人間一人の人生では越えることの出来ない100年という歳月を越えることが出来ます。

伝統の技術がある。
それには、相応の理由があるのです。

「一人でも多くの人に"Otsuka Made"を届けたい…」

そんな想いのもとに生まれたOtsuka [YOKOHAMA MADE]。
日本人のための靴作りを一世紀以上続けてきたデータが導き出したラストと、そのラストを最大限活かすために生み出した内底構造は、履き始めから快適な履き心地を実現しました。

受け継がれてきた膨大なデータの蓄積と最先端技術の融合、それは現代という時代だからこそできる一足です。いまを生きるビジネスマンの足元を守る最初の1足目の提案です。

鹿鳴館の時代、“靴師”と名乗った日本人がいた。
名は大塚岩次郎―

明治維新という既存の価値観の崩壊に遭遇し、西洋文化を ただ表面的に受け入れていく時代の中で、「日本人のための 靴を」という信念を以って和魂洋才― “日本人としての精神を 堅持しつつ、西洋の学問・知識を受け入れること” を実践した。

明治25年には万国博覧会にて金牌を受賞 ―
創業からわずか20年で世界の一流シューメーカーに肩を並べ、 宮内省御用達、世界博覧会での金牌受賞といった形で証明 されたその技術は、粛々と後世の職人に伝承されてきた。

伝統とは単に古いということではない。
―OTSUKA M-5 Online はその証明である。

鹿鳴館の時代、“靴師”と名乗った日本人がいた。
名は大塚岩次郎―

明治維新という既存の価値観の崩壊に遭遇し、西洋文化を ただ表面的に受け入れていく時代の中で、「日本人のための 靴を」という信念を以って和魂洋才― “日本人としての精神を 堅持しつつ、西洋の学問・知識を受け入れること” を実践した。

明治25年には万国博覧会にて金牌を受賞 ―
創業からわずか20年で世界の一流シューメーカーに肩を並べ、 宮内省御用達、世界博覧会での金牌受賞といった形で証明 されたその技術は、粛々と後世の職人に伝承されてきた。

伝統とは単に古いということではない。
―OTSUKA M-5 Online はその証明である。

“本当に履き良い靴とは何か”
それは、明治5年の創業以来、初代岩次郎の時代から受け継がれ、大塚製靴が挑み続けてきた命題。

明治の時代、まだ西洋から靴という文化が入ってきて間もない時代に靴に求められたこと、それは社交の場において履き手の品格を示すこと、すなわち「立ち姿を最も美しく見せること」でした。大塚製靴の紳士靴は、その立ち姿の中で“履き心地”を求めてきました。

やがて時代が移り変わり、西洋靴という文化が普及し、誰もが革靴を履く時代になった現代。そこには今までとは異なるもう一つの要素が靴に求められます。それは“歩きやすさ”。日常に密接になった“いま”だからこそ生まれた条件です。

今回、新ブランドにおいてこだわったことは“歩き心地”。 日本人の足を最も長く見守り続けてきた知識と経験が、 “いま”という時代を迎えたことで生まれた答え、 それが 「Otsuka +」なのです。

ハッシュパピーは、1958年にアメリカ合衆国ミシガン州ロックフォードで誕生し、今やアメリカンカジュアルの代名詞にまでなっているブランドです。

We invented Casual ―
世界で初めてスニーカーのように履き心地のよいレザー・カジュアルシューズを生み出し、当時主流だった黒くていかめしいビジネスシューズやワークブーツの概念を打ち破ったのがハッシュパピーです。やわらかく通気性に富み、そして心躍るような軽やかなデザインのシューズは、あっという間に当時の人々の心をとらえました。

その後も最新の機能を取り入れながら、常にハッシュパピーのDNAでもある快適さを追求した商品を開発してきました。その快適な履き心地とカジュアルテイストは、世代を越え、時代を越え、世界各国で愛され続けています。

1974年に誕生した“Bon Step”。
まだ日本でコンフォートシューズの概念が浸透する以前に、「足にやさしいはきごこち」を求めて生まれたブランドです。誕生から40年以上にわたり、ビジネスマンから主婦にいたるまで幅広い層に支持され、愛用されてきました。

足に負担がかかり過ぎることにより失われた足裏のアーチ機能を、独自開発したインソールが支えることによって快適な歩行を取り戻す「バニオン対応設計」をはじめ、踵をしっかりとサポートすることで安定した歩行を可能にする「ヒールカウンター」など、足へのやさしさにこだわったディテールが特徴です。

1866年、創業者ウィリアム・グリーンによってノーザンプトンの地に生まれた“GRENSON”。本物の靴作りとは何かを求める中で、導かれた一つの答え。それは時間の流れに埋もれることなく、輝き続けることが出来ること。

イギリスの一つの伝統に「リペア」の精神がある。それは、本当に良いモノをリペアすることでいつまでも使い続ける精神。

靴について最も知る者は誰か。
それは紛うことなく、その作り手である。
それ故、グレンソンでは職人が最も大切にされる。

いつまでも履き続けることの出来る本物は、そうした精神と歴史の中で培われてきたのである。

OTSUKA M-5
ジョンストン&マーフィー   OTSUKA M-5 Hi-Design Works   Hi-Design Works
             
ハッシュパピー   ボンステップ   ジョンストン&マーフィー   Hi-Design Works
             
グレンソン(GRENSON)   ジョンストン&マーフィー   グレンソン(GRENSON)